1. HOME
  2. ブログ
  3. Salon Consultants Japan
  4. 運気アップできる人とできない人の違い

BLOG

ブログ

Salon Consultants Japan

運気アップできる人とできない人の違い

運気アップ!ときくと、あなたはどんなことをイメージしますか?

運気アップグッズを身に付けたり、パワースポットに行ったり。はたまた、巷で有名な占い鑑定してもらって秘訣を聞いたり。

世の中には、「運気アップ」や「開運」できる方法って数えきれないほどあります。

もし、それが本当に運気アップするのであれば・・・きっと、だれしも最強に強運になって、そもそも世の中に「運気アップ」の言葉そのものが消えてなくなるんじゃないかと思うのは私だけ??

私も、これまで「運気アップ」のワードに一体いくらお金と時間とエネルギーを使ってきたことか・・・

時には、ご利益あったな~ってこともあるけど、それもながくは続かないですね。

運気はアップするものじゃなくて○○する

と、ちょっと前置きが長くなりましたが、先日、「2020年運気アップ計画セミナー」を開催しました。講師は、壁山恵美子さんです。

西洋占星術・12年のバイオリズム・四柱推命・月の動き・なども含め、総体的にお一人お一人の1年のタイミングを知る。これだけみると「占いじゃん」と思う方も多いかと。。。

確かに、世間一般では「占い」に分類されますしね。でも、壁山さんのセミナーは「当たる!当たってない」を判断する内容ではなくて。

あなたがありたい自分でいるために、人生のバイオリズムをどう生きるか?」を考えて、自分で創り上げていくセミナーです。

そのタイミングや、その時に注意することや、仕掛けるタイミング、休みを取る、アクセルを踏む時期などを、細かくみていきます。

そして、それを1つ1つ付箋に書いて、運気アップカレンダーに書き込み、1年の計画を立てる理にかなった運気アップ計画セミナーでした。

セミナーは、7時間にも及ぶ長丁場ですが、ワークの時間もたっぷりとってあるのでこれが、あっという間!

客観的に1年を見通す事ができ、また自分を振り返るいいチャンスにもなるセミナーでした。

計画を立てる=数字ではない

計画を立てるとなると、私が思い浮かぶのは「売上計画」「事業計画」のこと。どうしても「数字」を考えてしまいます。

だから、今回の壁山さんのセミナーも「売上」「数字」のプランの立て方も学べるのかと思いきや!!!!

数字・売上の話は、ゼロでした。いい意味で期待を裏切られました(笑)

ビジネスなので、もちろん、数字も大切ですよ。

でも、よくいいますよね。「数字を追うと数字が逃げる」って。

壁山さん曰く、「計画とは、1年どう在りたいかを決めて、その為には、今日は何をする?を、自分のタイミングに合わせた行動レベルに落とし込んでおいて。あとはこなすだけ!そうすれば、おのずと結果はでてくるもの」

あとはこなすだけ!まさに、行動するのみ。ここが運命の別れ道です!

数字(お金)は後からついてくる

上手く行っている人は「お金はあとからついてくる」と言いますよね。

これ、理屈ではなんとなくわかりますが、現実的に今日の売上!明日の現金!なんて状態になっていると、「そうはいってもそうも言っていられない」場合もありますよね。

だからこそ、数字の計画が最優先で、今年ことは〇千万やるぞ!と意気込んでしまうのもよ~くわかります。

でも。そんな時こそ「2020年はどんな1年で在りたいか?」をちゃんと言葉にできるまでしっかり考えて落としてみる。

今回のセミナーを通して、運気をアップする人は、グッズを買い集めたり、パワースポットにいくのではなくて、運気の流れに逆らわずその時に合った事をやっていれば、自然に運気アップすると実感しました。

運気アップグッズを持っているのに運気アップしない理由

今回のセミナーで、運気アップグッズをもっていても、なぜか運気アップしない!その理由がよくよくわかりました。

それは、グッズをもっていても運気アップしない人は。「持っているから大丈夫!」という完全なる依存型!でもね、そんなに世の中、甘くないから!

本当に運気アップできる人は、自分の運気を計画に落としこんで「活用」する人。運気に合わせて行動できる人。そして、運気を活用する方が流れに沿っているから「ラク」なんですね。

この違いが運気アップの分かれ道ですね。カレンダー眺めて、「今月は運気低迷だから、なんかいやだな~金運アップのお守り買うかな」もいいけど。運気低迷な時だからこそ「できる事」があるはず。

それをコツコツやり続けることこそが、運気アップする人です。

さ、私も、今の運気は「転機」モードらしいので。思い切って逃げ回っていたことにチャレンジしようっと!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事