1. HOME
  2. ブログ
  3. Salon Consultants Japan
  4. プラベートブランドプロデュースを始めたのは Part 2

BLOG

ブログ

Salon Consultants Japan

プラベートブランドプロデュースを始めたのは Part 2

売れる!プライベートブランド商品(PB)が作れる人5つの条件

「私、いつか自分のサロンの商品を作りたいんです」この一言が情熱に火をつけた!それまでは無理だと思っていた「個人サロンオーナーのプライベートブランドを作り」

とは言え、誰でもカンタンには作れません。いざ、作るとなると、資金・時間・ブランディング・ファン作り・在庫管理・販売ルート。と、これ読んでると「あー無理じゃん、やっぱり、難しいわ」と感じる方も少なくないかな・・

そこで、今日は。「売れる!プライベートブランド商品」が作れるサロンオーナーさんの条件をシェアしますね。とその前に。確認しておきますが、これからご紹介する条件は、ただの「プライベートブランド商品」ではなくて。

「売れる!プライベートブランド商品」ですので。そこは、お間違いなく!Part1でも書きましたが、プライベートブランド商品は作っても売れなきゃ意味がないので。私がプロデュースするのは、とにかく「売れる!プライベートブランド商品」です、その為の条件は5つあります。

売れる!PB商品が作れるサロンオーナー5つの条件(1人サロンオーナーの場合)

1、サロン経営歴3年以上である

売れるPB商品を作るには、「あなたの商品だから買いたい!」というあなたのファンがいる事が大前提。サロンのお客様をファンにするには少なくても3年はかかります。

2、月商売上平均50万以上が安定してクリアしている(お部屋を借りてる場合)

売れるPB商品を作りには、当然「お金」がかかります。50万と設定の内訳は、(家賃7万~10万、オーナー月収20万、サロン運営費5万、仕入5~10万 雑費5万)これは、あくまでもお部屋を借りてるオーナーさんの場合です。自宅の一室でサロン経営される方は家賃がかからないので40万平均で大丈夫です。いつもギリギリで通帳にお金が残らない!月収が不安定の場合は、PB商品よりも、売上アップして平均50万以上のサロン作りが先です。

3、誰よりも自信をもって「売れる」商品もしくは「売りたい」がある

ここに二人のサロンオーナーさんがいます。二人は同じ商品を販売しています。Aさんはその商品が大好きで、その商品の良さ、素晴らしさを伝えたくてお客様に何度も何度もお話ししています。断られてもへこたれない!一方Bさんは。いい商品だと思ってはいるものの、どうしても販売したいと思っておらず、お客様に聞かれれば話す程度。さて、あなたはどっちのサロンオーナーから買いたいですか? 個人サロンオーナーさんにとってPB商品はまさに、分身です。売れるPB商品は、あなたに絶対的な自信があるのは大前提。これは商品に限らず売り手にゆるぎない自信があるとモノもサービスも売れます。

4、自分のサロンは世界一、いや宇宙一だと本気で思っている

「私のサロンはここがスゴイ!」「私のサロンは宇宙一!」と胸を張って言える強い思いがある。PB商品はあなたの分身であり、あなたの替わりにサロンをPRしてくれる商品でもあります。また、その商品を通してお客さまへあなたの思いを伝える商品。あなたの思いを感じる商品は売れます!

5、仕事への思いはだれにも負けない情熱を持っている

基本的にサロンのPB商品はあなたのファンが買います。つまり、売れるPB商品作りにはサロンのお客様をファンすればい良いのです。では、ファンはどうやれば育てることができるのでしょうか?ファン作りにとっても大切なのはあなたの仕事への情熱です。お客様はあなたの情熱にひかれてファンになるのです。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

以上が「売れる!プライベートブランドが作れる」サロンオーナーの条件でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事